まんが汚れなく 道けわし

まんが道1

まんが道です。
これを読むと、AさんがFさんをいかに天才と思っていたか、そして、好きだったのかというのが伝わってきます。
きっとFさんの方にだって葛藤はあったと思うけれど、それは、見えないものだから。

確かに、腐った読み方もできます。(そして、わたしはそういう読み方は嫌いではないです)