彼岸

百鬼夜行抄8

この手の話の難しさは、怪談そのものではなくて、多分、人情の落としどころなんだろうなぁと思います。
残った思いは大切だけれども、それにこだわり続けているとしあわせにはならない。

ある意味、あっちにいくか、こっちにいるかの選択を迫られる。
そして、出来る限りこっちにとどまって欲しいという思いがあります。