1995年から

HEN2 Cinema

新しい物語に挑戦するというのも大事なんだけれど、こうやって、自分の武器をいろいろと確かめて、それを組合わせていくが、「プロ」っていう感じがします。
そのなかで、少しずつ新しいことを入れることで、読者も安心して読めるみたいなところはあるのかも。