鬼の一念

シグルイ10

滑稽なほど過剰な情念が、この人の物語の魅力です。
濃いのが嫌いな人は、ダメだろうなぁと思います。

でも、それには美もある気がする。