しかし、子どもにアオガエルって名前つかけるかな?

東京季語譚訪1

まだ、「ぬらりひょんの孫」も終わっていないのですが。
感じは、「ぬらりひょん」に似ているかな。こっちは、主人公が自体に今のところ力はないので、そのあたりでちょっとジャンプ的な展開に持っていくのは難しそうです。この1つ前の作品と同じように、短命かも。
でも、わたしはこの雰囲気は好きだなぁ。

だいたい、購入したのも、「季語」というのに惹かれました。