アイに時間を

SF・異色短編4 藤子・F・不二雄大全集

「SFマガジン」や、「奇想天外」などからということで、割とSF色が強い感じの話です。
「カンビュセスの籤」とかは、昔読んだときは衝撃的というか、救いのない話に思っていたのですが、今読むと、なんとなく救いのある話にも思えてきて面白いです。パターン的には、「ミノタウロスの皿」と同じですね。

時間テーマが、けっこう多くて、F氏の好みがちょっとわかる感じがします。