気愛いだぁ

バトルクラブ1 新装版

新装版ではじめて読む「バトルクラブ」です。
旧版は「一騎当千」と並んでいて、どうしようかなぁと思っていたのですが、雰囲気似ているのと、こっちは日常系っぽいということで、スルーしていました。

えーと、あんまり日常じゃないですねぇ。

しかし、けっこうオーソドックスなフォーマットにそってかかれているマンガで、一定水準以上のマンガだと思うのですが、この人が、いったいなんのためにこのマンガをかいているのかというのは、伝わってこないという不思議なマンガです。
ストーリー作りの練習をしているみたいな印象をうけました。なんでかな。