2015年06月一覧

超人が超多すぎる!!

シビル・ウォー

シビル・ウォー本編。

こうやってコミックスを読み進めていくと、コミックス版のキャプテン・アメリカって映画版のキャプテン・アメリカみたいに、立派な人という感じではないですねぇ。もちろん、屑ではないし、ヒーローから尊敬されるヒーローであるのですが、けっこう短気だし、頭固いし、欠点もいっぱいある。
でも、欠点は、その人を尊敬しない理由にはならないというところが、大人だなぁと思います。

まあどっても、強引に進めすぎという感じはありますが。
この1冊では、けっこうあっさりと終わった感じです。でも、後に引く後味の悪い物語ではあります。

スティーブ・マクニーブン,Steve McNiven,
マーク・ミラー,Mark Millar,
石川 裕人,御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 : 2011-09-28

文系のおもしろさ

街場のマンガ論

文系の研究というのは、なんというか、自由だなぁと。
その厳密ではないところが、なんとも魅力です。

多分、ふんわりとわたしでも、こういうことって考えているような気がするんです。でも、その「気がする」程度のことを考えて考えて、練り上げていく楽しさと、そして、それがまた、正しいかどうか理系の研究みたいに明確に出来ない楽しさみたいなものもあるのだと思います。


君と生きていく 明日だから

どうにかなる日々 ピンク 新装版

どうしたって、生きていくんだよなぁ。
なにに恋したり、恋できなかったり。
いろいろ、それぞれ悩みはあるけれど。
全部かかえて、生きていくしかない。

そういう切ない話のような気がしてきた。


C’est la vie

コードネームはセーラーV2 完全版

記憶していたよりも、だいぶおもしろかった。
そして、恰好よかった。

特に最終回。

「戦い続けろって運命なのさ」

で、ゾクゾクした。

あの時代、うさぎの次に美奈子に人気があった理由が、ようやくわかった気がします。


内も外も

キングダム24

秦は、内も外も敵だらけです。
本来なら、あっという間に滅びそうなのですが、そうではないところが歴史のおもしろいところですね。