挫折

島崎藤村 ちくま日本文学全集49

延々と、1冊すべて「夜明け前」の第2部。
すいません。「上巻」まではなんとか読み終えましたが、苦しくて、苦しくて、「下巻」の途中で挫折しました。

藤村なら、もっと別の適当な長さのおもしろい小説や、文章があったと思うのですが、コレかぁ。
しかも、第2部。
第1部から読めば、もっと面白いのかなぁ。

うーん、まあ、近代文学を代表する作品かもしれないけれど、あんまりおもしろくないです。
なんかねぇ、歴史の動きと登場人物のドラマが、繋がっているのに、ものすごくモヤッとしている感じがする。もしかすると、そこが凄いのかもしれませんが、うーん、藤村の頭がいいのはわかった気がします。