安田均,山本弘,読書クトゥルー,ゴーストハンター,ラプラスの魔,安田 均,山本 弘,神話,角川スニーカー文庫,角川書店

ラプラスの魔 ゴーストハンター

昔、読んだ時、けっこうおもしろかった思い出があるのですが。コレじゃなかったかな?なんか、いろんなクトゥルーものの物語をゴッチャにして記憶していたみたいです。
今読むと、確かに展開派手で楽しいのだけれど、文章ガチガチで、キャラクターもステレオタイプで、

「あれ、こんな感じだったけ??」

という思いが強いです。なんでだろう。
昔は、クトゥルー神話的なアイテムやほのめかしが出てきたら、それだけで、ものすごくうれしくなってしまっていたのかも。

でも、ストーリー展開は好きです。

島崎藤村,読書ちくま日本文学全集,島崎 藤村,島崎藤村,文学,日本文学,歴史,筑摩書房

島崎藤村 ちくま日本文学全集49

延々と、1冊すべて「夜明け前」の第2部。
すいません。「上巻」まではなんとか読み終えましたが、苦しくて、苦しくて、「下巻」の途中で挫折しました。

藤村なら、もっと別の適当な長さのおもしろい小説や、文章があったと思うのですが、コレかぁ。
しかも、第2部。
第1部から読めば、もっと面白いのかなぁ。

うーん、まあ、近代文学を代表する作品かもしれないけれど、あんまりおもしろくないです。
なんかねぇ、歴史の動きと登場人物のドラマが、繋がっているのに、ものすごくモヤッとしている感じがする。もしかすると、そこが凄いのかもしれませんが、うーん、藤村の頭がいいのはわかった気がします。

荒川弘,読書小学館,少年サンデーコミックス,荒川 弘,銀の匙

銀の匙 Silver Spoon 12

いろいろな人が動き出すきっかけになっている男、八軒。
もちろん、彼がいなくても、大方の流れは多分かわらない。でも、少しずつなにかが変わっているのは確かで、けっこうでかい存在だと思います。

面倒くさい事をしっかり出来るというのも大切です。

山内直実,氷室冴子,読書なんて素敵にジャパネスク,なんて素敵にジャパネスク 人妻編,山内 直実,氷室 冴子,白泉社,白泉社文庫

なんて素敵にジャパネスク 人妻編4

こ、ここまでヒロインをボロボロにしますか……。容赦ない。
絵であるだけに、余計にそう思ってしまいますね。

高彬が知ったら、発狂するで。

永井豪,読書ガクエン退屈男,ダイナミックプロ,凄ノ王,復刊ドットコム,永井 豪

ガクエン退屈男2 カラー完全版

続きを読みたい……とも思うのですが、ここで、「バーン」と終わっているからこそ、「凄ノ王」も「ガクエン退屈男」も傑作だったのだという気もします。
終わり方もふくめて、大好きです。