ぼくとわたし

双貌鬼 魔界都市ブルース

二重人格もの。
どうしようもならないもう1人の自分の暴走ということでは、ちょっと「妖魔シリーズ」の1作目に似ているかも。

でも、こっちは2つの人格というのが、主人公、女性側両方にあって、クローズアップされています。

短編よりも派手な展開なのですが、雰囲気は、短編の方がよいかなぁ。

それから、何年かたって、多重人格のブームがあったり、エルザが世界を凍らせるなんてことがあったりと。

時代を先取りした小説です。

コレより先に、「魔王伝」を読んどくべきだったのようです。文庫、出版の順番がメチャクチャやなぁ。