双子 in ゲームハウス 2 ペアペア連想ゲーム

ペアペア連想ゲーム

さて、お待ちかね。ポッドちゃんのリクエストの「ペアペア連想ゲーム」です。
これは、記録が残るので、あとから記事が書きやすいよいゲームです(爆)
その分、うっとしい感じになっているかもしれませんが(笑)

1回戦目目。

最初のヒント。
でこねぇさん「親」
りん「傷」
みな蔵さん「ふみきり」
アミーゴちゃん「ほけん室」
ポッドちゃん「電車」

わたしのお題は「すね」です。
でこねぇさんの「親」は、「親のすねかじり」だとすぐに気づいたので、わたしは「すねに傷」の「傷」で答えます。
しかし、おそらく子どもは答えをいわれても、なんでかさっぱりわからないのではと思ったりします。
残りは、「ふみきり」と「電車」かなぁ。

最後のヒント。
でこねぇさん「足」
りん「ひざ」
みな蔵さん「石」
アミーゴちゃん「ほうたい」
ポッドちゃん「プラレール」

アミーゴちゃんが、りんに合わせてきている感じです。これは、けっこう上手にだませるんじゃないだろうか。
ペア的には、みな蔵さんとポッドちゃんで、これらの言葉から思い浮かぶのは……「置き石」的な??

小学2年生ぐらいの時にやって、親が学校に呼び出されました(爆)
今にして思えば、本当に事故にならなくてよかったです。絶対、やっちゃダメ!!

答え
りんとでこねぇさん、「すね」。ポッドちゃんとみな蔵さん、「線路」。
おっ、おう。「置き石」ではなかったか。でも、正解。

子どもたちのだましのテクニックも、アップしています。

2回戦目。

最初のヒント。
りん「ぼうけん」
みな蔵さん「ナポリ」
アミーゴちゃん「セミ」
ポッドちゃん「夏」
でこねぇさん「やすみ」

わたしのお題は「洞窟」。「セミ」も、「なつ」も、「やすみ」も、多分、「洞窟」とは関係ないよなぁ。
りんとみな蔵さんがペア。あとの3人は、上手く合わせた感じです。全部「夏」に関連のものですねぇ。

最後のヒント。
りん「ドラゴン」
みな蔵さん「こうもり」
アミーゴちゃん「うみ」
ポッドちゃん「ひまわり」
でこねぇさん「すいか」

うーん。3人のキーワードが上手く関連しすぎていて、まったくわからない。
アミーゴちゃんは、3人のうちではじめに発言しているので、おそらく彼女は「?」ではない。ポッドちゃんの「夏」に「やすみ」と続けているでこねぇさんが怪しい気がします。

答え。
りんとみな蔵さん、「洞窟」。アミーゴちゃんとでこねぇさん「夏」。

「えー、アミーゴちゃんとポッドちゃんじゃないの~」

「お題が『夏』なんですよねぇ。だから、アミーゴちゃんが『夏』って言った瞬間に、これ違うってわかった!!」

自分のカードを知っているというのは、強いです。
多分、これがわたしの「ペアペア」初間違いです。

3回戦目。

最初のヒント。
みな蔵さん「シンデレラ」
アミーゴちゃん「カボチャ」
ポッドちゃん「車」
でこねぇさん「馬」
りん「ドレス」

お題は「レース」。
ちょうどこの頃、ドレスが「青黒」に見えるか、「白金」に見えるかというのが、流行していました。
わたしは、記事を読んでどこからどうみても「青黒」にしか見えないので、どういう意味かさっぱりわからなかったのですが、でこねぇさんに見せて、

「これ何色に見える?」

と聞いたら、思いっきり自信満々に、

「白と金!!」

と言われたので、超ビックリしていたのです。
で、いろいろな人に、このドレスの映像を見せてまわったところ、双子とみな蔵さんは、「青黒」。りんの母は、角度によって「青黒」にも、「白金」にも見える。仕事場の人たちは、ほとんど「青黒」。事務の女の方だけ

「レースだけ金に見えるわ」

ということで、すごいわたしも、おもしろいなぁと思っていたのです。
で、「レース」といえば、「ドレス」。
そして、「レース」に関係ありそうなのは、みな蔵さんの「シンデレラ」しかないです。簡単、簡単。「カボチャ」が、「シンデレラ」から連想したフェイクに違いない。

最後のヒント。
みな蔵さん「王子様」
アミーゴちゃん「馬と車」
ポッドちゃん「運転手」
でこねぇさん「ネズミ」
りん「カーテン」

うむ。レースのカーテン。王子様の服のレース。りんとみな蔵さんペアは鉄板だな。
アミーゴちゃんの「馬と車」は、ものすごく考えていて、しかも言った言葉がかぶっていて、めっちゃ怪しい。ここは、でこねぇさんとポッドちゃんに違いない。

答え。
りんとポッドちゃん、「レース」。
みな蔵さんとアミーゴちゃんで、「馬車」。

「えー、なんで~」

思わず、大声が出た。
今回1番の見せ場でした。

「『車』と『運転手』」で、なんでレースなんや」

と叫んでから、ハッと気づく。

「あぁ、自動車レース!!」

わたしは、「青黒」ドレスに夢中になりすぎていて、レースといえば、かざりのレースしか思い浮かばなかったのです。
まさか、自動車レースとは!!
でも、確かに普段なら、そっちが先に思いつくかも!!

もう、自分のペアが、みな蔵さんだと思い込んでいて、他の意味があるなんて予想もしませんでした。
しかも、お題が「レース」と「馬車」という、なんか似たような言葉を連想させる言葉です。
もちろん、わたしの今回ペアだったポッドちゃんも、元々の言葉「で」連想しているものが全く違うので、でこねぇさんに欺されております。

よーできたゲームや。おもしろいぞ、コレ。
失敗して評価が上がるゲームでした。

気を取り直して、4回戦目。

最初のヒント。
アミーゴちゃん「口」
ポッドちゃん「好き嫌い」
でこねぇさん「のど」
りん「笛」
みな蔵さん「ちくわ」

わたしのお題は「楽器」。「ちくわ」ではないなぁ。おそらく、「笛」から連想してきたフェイク。でも、「楽器」で「口」って連想するかなぁ。口で歌うからなぁ。そうすると「のど」だって「楽器」って言えないこともないしなぁ。
でもここは、素直に考えて、「口」と「のど」がペアかなぁ。

最後のヒント。
アミーゴちゃん「音楽室」
ポッドちゃん「教科」
でこねぇさん「大きい」
りん「ピアノ」
みな蔵さん「ギター」

「音楽室」!!
楽器のペアは、アミーゴちゃんだ。でこねぇさんの最初のヒントは、「口」から連想したフェイクだな。そして、みな蔵さんは、わたしの言葉から連想したフェイクだ。
りんとアミーゴちゃん。

答え。
りんとみな蔵さん、「楽器」。
アミーゴちゃんとでこねぇさん、「声」。

「えっ、なんで楽器で、『ちくわ』」

と聞くと、

「ほら、ちくわ、笛みたいにして吹くやん」

と、みな蔵さん。
えー、そんな文化は、ウチにはない(笑)

「わたしは、『ちくわ』って楽器ってわかったよ」

でこねぇさん、なぜ、わかる?

「『りんとみな蔵』とかいた人は、得点をもらって下さい。
 でも、みな蔵さんは、もらえません」

「えー、なんで正解なのに」

「わたしが、間違ったからです」

申し訳ない。みな蔵さん。
ここで、でこねぇさんが、規定の得点を突破しました。

1位で、前回べっただった、でこねぇさん。
前回トップだったわたしは、最下位決定。

負け惜しみ的に言うと、間違った時の方がおもしろいかも。

エリック・ニールセン,Erik Nielsen
アークライト
発売日 : 2012-12-01