2014年12月中旬 湖畔のゲーム会 その3 キング

デイ・スタウファー

ディ・スタウファー
S本くんも来て、5人のフルメンバー集合。

本格的なゲーム会スタートということで、「ディ・スタウファー」です。
けっこう、最近、話題のゲームだそうです。

六角形のボードに、コマを配置していくゲームです。
6つの地域に分かれています。コマを配置した地域で決算がおこれば、得点が入ったり、宝箱のカードがゲットできたりします。
決算は、2つの地域で行われます。
1つは、確定しているのですが、もう1つは、いろいろな条件によってかわってきます。
その地域でエリアマジョリティを取っていたら得点を貰えます。ただし、その地域に自分のコマを配置するためには、王様コマをその地域に動かさなければなりません。王様コマを動かすのにも、自分のコマの配置にも、コストが必要になります。
コストも自分のコマになります。だから、自分の手番には、コマを配置する以外に、コマの補充もしなければなりません。

決算された地域に置かれたコマはすべて取り除かれますが、決算のおこらなかった地域のコマは残っていきます。
だから、先のことを考えて、あらかじめコマをいろんな地域にまいておくのも重要そうです。

宝箱のカードの中には、2枚集めることで、ずっと特殊効果を発揮するカード、1回だけ効果を発揮するカード、集めれば得点が高くなっていくカードなどいろいろあります。
もちろん、全部を集めることは出来ませんので、作戦を絞ることになります。

今回、白紙さん、S本くんは、ずっと効果を発揮する能力を得るカードを早い目にゲットして、

「それだよねぇ~」

と、みんなから羨ましがられていました。たしか、2枚同じカードを集めないと効果が発揮しないので、けっこう、集めるのは難しかったような。
わたしは、5枚集めれば、決算で20点になるカードを集めていく。多分、集められたらけっこう強力だけど、わかりやすいので邪魔されやすいです。
案の定、でこねぇさんに、邪魔されていました。

それでも、最終ターンに揃えられるんじゃないかとボードを見ながら思っていたのです。が、「決算のおこらなかった値域のコマは動かない」というルールがきいていて、狙ったカードの場所にコマを置かれていて、結局4枚までしか集まりませんでした。それでも14点。
しかたないので、直接、その場で得点になるカードを取る方向に。

決算は、いったいどこでおこるのか?
どのカードを集めて、どんな風に得点を取っていくのか?
ゲーム終了後のコマの配置も得点に絡んでいたりして、いろいろな方法で得点がとれます。

次は、あの方法でやったらうまくいくかも……と、終わってからいろいろ考えられる良いゲームでした。

結局、和邇乃児さんが、99点でトップ。

「決算のおこった場所にコマをそのまま置いておけるカードが強かったかなぁ」

ということでした。わたしは、98点で2位でした。
宝箱のカードがランダムの場所にでてくるのと、六角形のボードを並べ変えることでゲームの条件が変わったりしますが、それ以外は、ランダムな要素って、ほとんどなかったのでは。

なかなか、遊び甲斐のありそうなゲームでした。