うまくいかなかった結果も、次の何かを生み出す結果

宇宙兄弟12

一難去って、また、一難。

でも、失敗を織り込んで計画をたてていかなければならないというのは本当で、その企業というか、職業が生き残っていく幅というのは、その無駄の部分をどれぐらい許容できるかによると思います。

効率や、結果だけではかられることも多いのですが、「この方法では、出来ない」ということがわかるだけでも、ものすごく大きな一歩となる。
それは、失敗ではないのだよ。

だからまあ、特に研究や実験なのにかかわらず、成果をあげろというような人間は、ろくなもんではない。

その圧力が強くなれば、ありもしない成果をでっち上げなければならなくなのではないかと思います。