2014年08月一覧

8月前半 湖畔のゲーム会 その3 追憶のカシュガル

カシュガル

定番の「カシュガル」。
始まったのが7時だったので、重いゲームはなし(「コンコルディア」のみ)で。

このときは、和邇乃児さんの勝利。

「こっちは、勝てなかったけど勝てるようになってきた」

と、和邇乃児さんはおっしゃいます。
実は、この前、おてばんでも負けた記憶が。

和邇乃児さん25点。でこねぇさん20点。りん18点。
良いとこなしですな。


黄昏に緋を穿つ紅蓮の弓矢

進撃の巨人10

もう、この「俺が鎧の巨人で、こいつか…」っていう告白が、なんか、疲れている感じがガンガンにでていて凄いですよねぇ。

うーん、謎は深まるばかりですが。


8月前半 湖畔のゲーム会 その2 伝説の最後編

宝石の煌き

この日、ついに伝説が終わりました。

でこねぇさんが、和邇乃児さんに勝利しました。
苦節……多分……3カ月ぐらい。

とうとう。

そして、わたしは……まだ、1位とってない……。
今回、いい感じに、和邇乃児さんとでこねぇさんの作戦が被っていた感じだったのに……。何故?

でこねぇさん15点。りん12点。和邇乃児さん10点。


注目の黒子

黒子のバスケ26

回想も終わって、最後の戦いに。
でも、頑張れば頑張るほど、黒子の力はなくなっていくという……。

すごいこと考えるなぁ。面白い。


8月前半 湖畔のゲーム会 その1 ハーモニー

コンコルディア

コンコルディア
8月2日(土)。
この日は、予定がはっていてゲーム会はなし。

なし……の予定が。

「午後7時からでもいいので、ゲーム会しませんか?」

という和邇乃児さんからのお誘いが。

これは、「コンコルディア」をしたいに違いない。
ということで、用事を済ませた後、「コンコルディア」をテーブルの上にセットアップして、和邇乃児さんを待ちました。

ちょっとだけ、先に、マップの配置とカードの並びを見て、わたしとでこねぇさんは、作戦を考えておく(笑・まぁ、これぐらいのハンデは必要)

以前は、表の全ローマ面でやったのですが、3人で全ローマ面というのは、ちょっと広くてゆるゆるな感じでした。
2、3人は、裏面のイタリア面の方が良い感じだと思います。

ということで、今回は、裏面の2、3人用のイタリア面でです。

前回から後、でこねぇさんと2人で遊んだり、おてばんで遊んだりしました。

おてばんでは、インストしたりもしたので、それで、あの中間決算というのも、意味がないわけではないなぁなどといろいろ考えていたのです。
まあ、中間決算で計算はしなくても、中間決算が起こるタイミングまでに、どれだけのことが出来るのかということを考えておくのは、けっこう大事だと思います。

作戦も、いろいろ考えていました。
特に考えたのは、「煉瓦」の確保です。

「煉瓦都市」以外の都市に家を建てるためには、必ず煉瓦がいります。

このゲーム、基本的に、リソースを生産するカードって、「長官」とミネルヴァの専門家の「石工」、「農夫」、「鍛冶」、「酒商」、「織屋」のカードだけ。あとは、「商人」を使った変換しかない。

「煉瓦」を生産することができる「石工」のカードは、何人でプレーしていても、ゲーム中1枚しか存在しません。
そして、「煉瓦都市」がなければ、このカードは意味がありません。

「長官」は、属州を指定して、その属州の1番価値のある資源を手に入れることが出来ます。そして、その属州の都市に家を建てているプレーヤーは、それぞれ都市に応じた資源を手に入れます。
「煉瓦」は、資源の中では1番安価なものです。で、この「長官」を実行したときに「煉瓦」を得るためには、ほとんどの場合、やはり、「煉瓦都市」に自分の家を置いておかなければなりません。

つまり、「煉瓦都市」は、「ユピテル」で点数にはならないけれど、いくつかは押さえておかないと、あとあと自分の家を都市に置くときや、「ミネルヴァ」のカードを購入するときに困ってしまうということが、ちょっとずつわかってきました。
まあ、「煉瓦」を手に入れるには、「商人」カードでの変換するという手段も残されているのですが、「商人」カードは、最初のデッキに1枚だけしか入っていません。そして、資源の1種類が「煉瓦」で固定されてしまうと、あと1種類しか扱えないという問題が出て来ます。
「粘土都市」が確保できない場合は、積極的に「商人」を手に入れたり、「外交官」で他のプレーヤーの「商人」の能力をコピーしていったりする必要があると思います。
この場合は、できるタイミングで「煉瓦」を量産しておかないといけないと思います。でも、そうすると資源の置き場に困ったりという問題も出て来ますので、いくつぐらい作っておいたらいいのかは、なかなか悩ましいところです。

まあ、「煉瓦」に限らず、「食料」、「道具」などの比較的安いリソースについては、「石工」、「農夫」、「鍛冶」などの専門家のカードを取っておくのはかなり大事ではないかというのが、これまで遊んでいた経験からの感じです。

ということで、今回の目標は、中間決算(しないけど)までに、「粘土都市」2つと「食料都市」、「道具都市」を1つずつ作ること。
「ミネルヴァ」のカードを1枚と「長官」か「外交官」あたりのカードを1枚手に入れられればよいなぁと。

これ、めいっぱい動いてですよねぇ。
「外交官」で「建築家」をコピーして、「建築家」して、「元老院議員」して。それを最大限に動かす。
そのかわり、織物とかワインは、中間決算までは捨てている感じです。

で、それをするための資源の数を計算してみます。
「煉瓦都市」×2には、 「麦」×2必要。
「麦都市」には、 「煉瓦」「麦」が必要。
「道具都市」には、 「煉瓦」「道具」が必要。

カードの方は出方しだいなところはあるのですが、「石工」と「鍛冶」のカードを手に入れるとして、さっきの都市に必要な資源と合計して、

「煉瓦」、4こ。
「麦」、4こ。
「鉄」、2こ。

ずつぐらいが必要。そして、多分、「煉瓦」は、カード購入の時に追加払いがあるのもう少し多い目に取っておかないといけない。

てなことを考えてプレーをしました。

割とうまくいった感じあったのですが、この方法だと、「葡萄酒都市」や「織物都市」が手に入らなくて、後からそこに都市を建てることがまったく出来ませんでした。

でも、都市の広がり方は、けっこう速いです。
「煉瓦」と「道具」の専門家を手に入れたので、「道具都市」が世界中に広がりました。そして、属州の数もけっこう広がりました。

最後は、やっぱりカードが点数ということで、カード購入の競争になります。

わたしが、ラスト1枚を購入して、「コンコルディア」のカードをゲットして。

「これで、終了!!」

さて、点数を計算すると、コンコルディアのカードで、なんとかギリギリ和邇乃児さんを逆転。
ギリギリ1位でした。

えーと、りん11点、和邇乃児さん108点、でこねぇさん93点。

さて、その日、ゲーム会も終わってから、風呂に入って、今日のゲームをつらつら思い浮かべながら考えていました……。

「これで終了!!」

と、「コンコルディア」カードをゲットして終わっていましたが、あと1周、わたし以外の人の手番があったような……。

ルール通りにあと1周あれば……。

3点差。
微妙な点差だ。

家が1つ建ってたりすれば、和邇乃児さんの逆転は充分にあり得ます。
失礼、いたしました。

ということで、「コンコルディア」は、もう1回遊ばないといけないゲームとなったのでした。

マック・ゲルツ,Mac Gerdts
ニュー・ゲームズ・オーダー
発売日 :