そっちは昨日だ!

All You Need Is Kill 2

読み終わった感想としては、おもしろかった。でも、これ、永遠にこの地獄が続くよなぁと。
また、偶然がおこって、タイムリーパーが2人になって、次の代のタイプリーパーに引き継がれるみたいな悲劇が永遠に続いていく話かと。

そして、よく考えたら、まったくお話自体、終わってないじゃないかと。

では後は、ちょっとネタバレな感じで。


敵の正体も、なんか謎のままです。

タイムトラベルする敵との戦闘は、「バーサーカー」的なのですが、あれは歴史そのものを変えようとしていましたが、戦況を変えるだけで、ちょっと間抜けな感じが。まぁ、それは、その48時間ぐらいしかタイムトラベル出来ないということでしかたないのかもしれませんが。
でも、この作戦、人類の方まで巻き込んだら、あんまりにも穴がありすぎだろうと思ったりします。そして、実際にところどころひっくり返されているみたいだし……。ギタイ、頭わるい?

いや、実は、あの化け物が人類だったとか、そういう話になるのかと思っていたのですが。
原作や映画も、こんな感じで終わっているのかな?

でも、勢いがあって、面白いです。一気に読めた。