栞子さんは、肉食系?

ビブリア古書店の事件手帖 栞子さんと奇妙な客人たち

はやりの(?)書店ミステリー。
まあ、わたしの読んでいる書店ミステリーは、威風堂書店事件メモぐらいですが。あと、京極堂シリーズは、書店ミステリーじゃないか。
マンガだと「鞄図書館」とか、「金魚屋古書店」なんかも、広い意味では、書店ミステリーといってもいいような回もありますね。

こうやって見てみると、意外と古本屋率が高いですねぇ。古い本は、ドラマを抱えている。いいわぁ。

わたしとって古本屋さんは、昔からら、本を買いに行くところではなくて、置けなくなった本を売りに行くところです。
うーん、だから、古本に愛がないので、本やマンガはそれなりに読んでいて好きですが、多分、この人達の定義では、「愛」はないのだと思います。
まあ、そりゃあまあ、持っている本でも、判型がかわったりしたら欲しいと思うし、あたらしくシリーズで出たから買い直した(たとえば、藤子・F・不二雄全集とかね)からといって、昔の本は残して置きたいとは思うんですけども……。
本を置ける場所っていうのは、無限にあるわけではないですからね。
藤子・F・不二雄の作品達は、全集以外は全部、東日の本大震災のときに、読んでもらうように被災地に送りました。
まあ多分、死蔵されちゃうよりは、誰かに読まれて、元気の素になった方が本もよいのだと自分に言い聞かせて。
あぁ、無限の本棚が欲しいです。
でも、今でも大概な量の本が家を侵食しているので、これ以上贅沢はいえないです……。

それで本屋さんになりたいとか、わけのわからないことを考えるんですね。本屋さんだって、無限に本を置けるわけではないとわかっちゃいるけれど。

ということで(?)、愛はないけれど、それなりには「好き」なので、本の話、本のウンチクを聞くのは大好きです。
そして、この本は、ウンチクがいっぱいあって、いいねぇ。

短編連作的な作りで、1話ごとに、ゲストがもってきた本の謎を、名探偵栞子さんとワトソン役の主人公の大輔が解いていきます。
お話も、人情話で、けっこう好きです。特に、3話目の夫婦なんて大好きです。
そして、最後の話で、今までのキャラクターが総出演してフィナーレを迎える。
今、4巻ぐらいまで続きが出ていますが、この1冊だけで、1冊の本として、すごくまとまっています。最初は、続編がない予定だったのかも。

けっこう、好きなお話のなのですが、ただわたしが感じている小さな違和感があるとしたら、栞子さんですねぇ。
以下、ネタバレありです。ミステリーですので、読んでからお願いします。


色白、細身、美人、内気、めがね(重要・笑)、巨乳と、グイグイくる栞子さんなのですが、この人、はじめっから、大輔を狙っていましたよねぇ。

どうも、自分の計画のために、わざと厳つい大輔を巻き込んだような気がするんですよねぇ。
声が似いてたそうなので、もしかすると、最初は大輔を疑っていて、罠にはめようとしていたのかもしれない。
まぁ、罠にはめるのは、されたことがされたことなので、納得しないでもないのですが、「この人使える」と思った後、あきらかに落としにかかってましたよねぇ。

わたしが邪悪だから、そう感じるだけなのか??

実は、最後に渡そうとした本も、偽物たったのではないかとか、受け取らないことまで計算してやっただろうと思ったりしています。

まあ、だからといって、そういう人が嫌いなわけではないです。
いつか内面がかかれて、栞子さんの葛藤かみれると、それはそれでおもしろいし、魅力的だと思います。

……葛藤がなんにもなく、人を操ることを楽しんでいたらモンスターだと思いますが。

「罪の子」っていうのは、そういうことかもしれない。そう思うと、ちょっとワクワクもしてきます。

多分、この作者が言いたかったことは、

本を愛する人は、本を傷つけない。
ましてや、食べたりはしない。

ということなのかもしれません。

まあ、普通は食べませんけどね。