2013年09月一覧

今日の王国 その73 役者がそろいすぎ

ドミニオン 陰謀

ドミニオン 錬金術

ドミニオン 繁栄

ドミニオン ギルド

BridgeWorker's VillageGolemButcherGoons
TransmuteHerbalistPawnApothecaryWatchtower

「ならず者」、「望楼」、「労働者の村」あたりでもう、かなり出来上がっている感じです。
それに、錬金の「ゴーレム」とか、「薬師」とか入って恐ろしいことに。
陰謀からは、「橋」、「手先」で、お前はどんなけ購入権をふやすんだという感じです。
ギルドの「肉屋」も、無視できなカードです。

これは、早く「ならず者」にタッチするのが課題かな。
その後、「薬師」、「労働者の村」、「望楼」あたりを買いあさる感じで。

しかし、2人とも「望楼」使いこなせていませんね。
山札の1番上に置く能力を忘れてた~。

ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2009-07-03
ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2010-07-03
ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2010-12-26
ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2013-08-21

続きを読む


奇跡のラストへ

激マン!6

「激マン」、デビルマン編、奇跡のラストへ。
何回見ても、いいわぁ。

この後、「激マン」の続きはかかれていないようだけれど、ハレンチ学園編は、読みたいよねぇ。


今日の王国 その72 4人戦

ドミニオン

ドミニオン 繁栄

ドミニオン 異郷

ドミニオン 暗黒時代

ドミニオン ギルド

CacheMountebankRebuildSoothsayerAltar
HermitStoreroomGardensNoble BrigandRemodel

珍しく4人戦です。
普段は、2人そろえばすぐ始めることが多いのですが、一気に人が増えて今回みたいになることもあります。

これは、けっこう難しいなぁ。
でも、5金-2金スタートは、圧倒的に強い場かも。

ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2009-04-10
ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2010-12-26
ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2011-12-16
ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2012-12-15
ドナルド・ヴァッカリーノ,Donald X. Vaccarino
ホビージャパン
発売日 : 2013-08-21

続きを読む


勉強を続けていたらいつかまた恩師に会うという不思議

本当にわかりやすいすごく大切なことが書いてあるごく初歩の統計の本

仕事で必要になったから泥縄で読んでいる統計学の本パート3です。

というか、この作者の吉田先生って、わたしが大学時代にお世話になった先生です。
その頃は、わたしが入っていた大学のゼミの先生の助手をされていました。

教育学と心理学の先生だと思っていたのに、なぜ統計の本なんて……と思いましたが、よく考えれば、心理学ってそういえば統計の塊みたいな学問でした。でないと、科学的な研究をしているのか、エッセイを書いているのかわかんなくなりますからね。

まあ、実は教育学もそうで、今、全国学力調査の話なんかして、マスコミなんかは都道府県の順位を出して、なにか伝えたつもりになって喜んでますが、実は大切なのは、そこから何が読み取れるかということだと思います。
それも、「あぁ、何県何位だったとか」そういうことではなくて、「このでている差というのは、本当に差として考えていいのか?それとも誤差なのか?」という部分から考えていかないといけないのだと思います。
本当は、そういう単純なデータではなくて、分析された結果こそを伝えていかなければならないのだし、その時に、ミスリードしないことを考えなければならないのだけど……。
もちろん元のデータについては、分析結果に疑問をもったときのために、アクセスできなければならないと思いますが。

というか、多分、このテストが当該学年の悉皆調査の時点で、まぁ、いい加減な人間がデザインしているということがわかりますけどねぇ。

わたしたちは、普段、ものすごく単純にしか物事を捉えることができない。けっこう、いろいろなところで、錯覚を起こします。
たとえば、「朝食を食べている家庭の子は成績がいい」とか聞くと、「じゃあ、子どもに朝食を食べさせなければ!!」とか、単純に思いがち。
もちろん、朝食を食べることは大切だけど、じゃあ、「朝食を食べれば成績があがる」かというと、そんなことはない。多分、もっと上に両方に影響があるような要因があるはず。
その捉え方をいろいろな面から拡張してくれるのが、統計なのかなぁと思います。
でも、錯覚をおこさせるのも、統計だという、ものすごい諸刃の剣だ。

で、この本ですが、そういう諸刃な部分にたいする記述が、けっこうおもしろく書いてあります。
コレを読んで、やっと前2冊の本に書かれている内容がわかってきた気がします。
まあ、まだ難しい部分もあるのですが、読み物としておもしろい本になっています。

お酒の話を聞くと、吉田先生の顔を思い出します。

最後の練習問題とその後のお話とか、いいわぁ。

これと「心理学のためのデータ解析テクニカルブック」とあと2、3冊で、何とかなりそうです。


時は、ボードゲーム戦国時代!

ボードゲーム ワールド

それは、ボードゲームの強さがすべての価値を決める時代!!

最近、偉いスモール出版です。
この手の本が出ると、やれ初心者向けではないとか、やれこんなゲームは売ってないとか、いろいろあるのですが、楽しければ良いのです。

そんな心意気がすてきな1冊です。

こういう本が、もっといっぱい出て欲しいです。次は、タナカマさんの本ですね。

あと、列伝に出てきた人をチョーテキトーにキャラクター化して、マンガにしたらおもしろいかもとか、思った。

西の列伝は、ぜひ、ボードゲーム研究室の人に書いて欲しい。