策士策におぼれる

X-MEN デッドリー・ジェネシス

すごく、読みやすい1冊でした。楽しかった。

割と、X-MEN世界の大事件って、教授のミスが多い気がします。
この男、ちょっと策をめぐらしすぎなんですよねぇ。

結局、人の心を読めるテレパスは、人のことを全く信用していないという。皮肉です。

トレバー・ヘアシン,Trevor Hairsine,
エド・ブルベイカー,Ed Brubaker,
ャスダ・シケル,
御代 しおり
ヴィレッジブックス
発売日 : 2011-11-30