2013年06月一覧

すべてはクラウドに(主にGoogle)

超「超」整理法

しかし、本当に10年前には想像もつかないような世界貸せきたなぁと思います。

まぁ、いろんなことほとんど全部をGoogle様に握られていて、ときどき、教えていないのに「ここ自宅」、「ここ仕事場」と、めちゃくちゃ的確に指摘されて、ちょっと怖い時もありますが。
それも、じきになれる。……なれていいのかどうかはわからないけど。

わたしらみたいな半端なニューロには、情報って生きていくのに絶対的に必要なインフラになっちゃった気がします。

そして、デジタルオフィスができて、紙が減ったかというと、しょーもない情報も送られることになって、プリントアウト自体は増えていたりするんだけども……。

でも、あともどり場できない。
ぼくらは、引き返せない楔を打ちこまれた。


タレント

あたしのなかの魔法

タレントは、本当にギフトなのか?
そういうお話でした。

トムの決断と最後のどんでん返しは、ちょっとびっくりしたけど、今回のこの選択が本当に正しかったかどうかなんて、作者にだってわからないのもしれないので、この余韻を残した終わり方は、面白かったです。

その分、切れ味というか、爽快さは2巻目よりも弱くなっている気がしますが、地に足をつけて生きるというのは、そういうことかもしれません。


パラドックス

鉄のラインバレル20

どんでん返しは、まだまだ続いています。
そして、3年後。最終章。……いいひきだ。
でも、わたしは若干、ストーリーを見失っています(笑)

でも、最終章が始まるだけで、次巻で終わるわけではないみたいです。


はじめっから動け

もてね!?

今まで読んだ甘詰 留太は、割と好きなんですが、これは、ちょっとダメでした。
うーん、あんまりにも都合が良すぎただろう。あんまり、このカップルに感情移入しなかったです。

「イかせて!!バンビーナ」と話の構造的にどう違うのとか自分でも思うのだが、あっちはOKで、こっちはダメなのはなんででしょうね。


あの空のように終わらない歌

あひるの空34

女子部ががんばっているときの男子部との距離感とかのリアルさが、すごいなぁと思います。

続いていくというのは、自分だけで完結することではなく誰かに伝わるということ。
終わりはいっぱいあるけれど、それは、はじまりでもある。
そういう、実は当たり前かもしれないことを、こんな風に伝えてくれる物語というのは、素敵です。