寂しい人

東京BABYLON3 愛蔵版 CLAMP CLASSIC COLLECTION

一気読み。
これ、やっぱり傑作やわと思います。

この結末のあとは、続きが読みたくて読みたくて仕方なかった。そこまで含めて、見事に、CLAMPの計算だったんだな~と。
「X」は、昴と星史郎の話ではないといっていた意味が、今回の再読で、やっとわかりました。

昔は、特別なんてないといいはる星史郎は、無理をしているのかと思っていたけれど、今は、実はそんなものかもしれないなぁと思ったりします。

それぞれの読んだ時期によって、「正解」は変わってくる。これは、いい物語の証拠だと思います。