負けるが勝ち

うそつきパラドクス9

全10巻で、あと1巻残っているのですが、とりあえずメインのお話はこれで完結みたいです。で、世界が同じで主人公が変わった続編(?)が始まると……。

心配していたほどイヤな読後感ではないのですが、この結論に至った流れが理解(共感?)出来ないんですよね。
結局、最後は西友さんが決める大事さはわかる。でも、それは、あの無茶苦茶生活の時に、もう結論が出ていたことでもないのかな?

でも、八日堂にしたって、あそこで引くのなら、はじめっから行くなという感じなんですよねぇ。

この話の教訓は、負けるが勝ち?