できないことを証明するのは難しい

魂の重さは何グラム? 科学を揺るがした7つの実験

読む前は、トンデモ科学の本だと誤解していましたが、極めて真面目な本でした。
感じは、アシモフの科学エッセイと似ているかな。

いかに、今考えれば、でたらめな仮説でも、それを実際に証明して否定するというのは、大変なことがよくわかる。そしてまぁ、実際、常識というか感覚とは違う結論が出ることもありますしねぇ。

そして、実験というのは、とても難しいということがよくわかります。
だから、あんまり安易に教室で実験して、実験結果が合わないからと結果をねつ造するような理科の授業をしているとダメだと思います。

理科の実際の勉強と並行して、こういった科学史を教えると良いですよねぇ。多分、理解が進みやすいところもあると思う。

……、でも、学生時代なら、なんで無駄な歴史なんかを理科の時間に勉強するのかと感じたかな?あと、もしかすると、理科の先生のなかに、こういう歴史的な知識や、興味がある人は、少ないのかも。