封神演義ではない!

殷周伝説1 太公望伝奇 妲己と紂王

新書版の方は、16巻ぐらいまで読んでいたようですが、文庫ででたので、殷周伝説、読み直しです。
解説読んで、このマンガのどこに違和感があったのか、初めて気づきました。

始まり方は、封神演義なのに、この話、怪力乱神が少ないんです。スタートが、仙人よりなので、あんまりそこ意識していなかった。
た、たしかに、封神演義とは、一言もかいてない……。

それなのに、わたしは、封神されないとか、哮天犬がいないとか、四不象がいないとか……。
いなくて、当然だ。

そうすると、読む心構えが変わる。もしかすると、評価も変わるのかも。