元祖・中二

地球樹の女神3 最終版

携帯で読む平井 和正、第3弾。
だいたい、携帯の本は、1年に1冊ぐらいしか読めないです。普通の本の方が、読みやすいです。

今回から、携帯の機種がかわって、スマートフォンXperiaで読んでいます。
それにともなって、T-Timeが使えなくなって、pdfファイルを読むハメに……。

いくら、本を置くスペースがすくなくても、時代がかわればすぐに読めなくなっていってしまうような本は、買いたくないです。
そして、pdfは、読みにくいです。

まあ、このあたりは、平井 和正ではなくて、電子書籍についての感想になってしまいますが。
うーん、こういう雑音が読書の中に入ってくること自体、向いてないメディアなのではないとかと思わざる追えないです。

で、内容の感想です。

おもしろいんだけど、平井 和正って、いつまでも少年の心を持っていて、それがおもしろさなんだけれど……「彼は少年すぎる」というこに、年をとってきた自分は気づいてしまいます。

ある意味、平井 和正の理想が、自分の欲望のままに書かれていて、本当にすごいと思います。
今あるすべての中二の元祖だと思った。