2011年08月一覧

物語が世界を浸食する

アラビアの夜の種族3

さいごは、「災厄の書」の内側の物語よりも、外側の物語が力を持っての終了でした。
そのあたりは、「砂の王」ファンとしては、やっぱり純粋に「砂の王」の続きが……とも思うのですが、「砂の王」を越えていく方法は、これしかなかったとも思えます。

誰に「災厄」がふりかかるかについては、知っていた気もします。
でも、どういう因果で、そこに「災厄」が運ばれていくのかというのは、なかなかのミステリーでおもしろかったです。

古川 日出男の書く話は、常に偽史としての物語です。
そして、現実以上に、物語こそが力を持つという強い思いがあります。
そこが、現実よりも物語の方にあこがれて、「いってかえってこない」方がしあわせなんじゃないかと思っているわたしみたいな人間にとっては、とっても惹かれるところなんだと思います。

これからも、かえって来られなくなるような物語を読んでいきたいです。


目がつぶれるまで本が読みたい

少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記

桜庭 一樹という名前で、なぜか、マッチョな男を想像していました。

最初、目に入った本は、「私の男」でした。なんとなく、おもしろそうだ。

あと、兄の本棚にあったり、女ならしという話を聞いたり、「私の男」がおもしろそうだということで買ってみました。
そして、なぜか、1番最初に読み出すのが、コレだという……。

読書家の読書日記です。
わたしは、本読む人は好きです。その人が小説読みだというだけで、結構信頼してしまう。
読書家は、ミステリー読みが多いみたいですね。
桜庭 一樹も、新井 素子も、ミステリー読みで、本の趣味は、全然ちがうのですが、でも、本について熱く語っているところは、とっても素敵です。

今の職業は、わたしのコーリングだと思っていますので、「一定の役割を果たしたのでやめたい」とかまったく思ったことはなくて、できれば一生続けていきたいと思っているのですが、今の仕事をしていなかったら、好きな本を読むだけの仕事をしたかったです…。

評論家?いや、そんなたいそうなアウトプットもできないので、読むだけの仕事……。

そんな仕事は、ない(笑)
というか、それはすでに、仕事じゃないですね。


惜しみなく恋は奪う

うそつきパラドクス5

もう、けっこうグタグタです。

西優さんは、好みのタイプではないなぁと思う今日この頃(前からか?)。
基本、性格良さそうな振りして、悪魔だしな(笑)

でも、ソフィアほど大きらいというほどではないのはなんでだろう?


忘れられた時間

しゅごキャラ!5

実は6巻先に読んでて、存在に気づかなかった5巻です。

大きな展開はないけど、それなりに大事な話は入ってます。
それなのに気づかないわたしって……。最近、こんなんばっかりのような気が…。


我が身さえこそ動がるれ

オバケのQ太郎9 藤子・F・不二雄大全集

Qちゃんみたいな友だちが欲しいという気持ち、わかりますよねぇ。
このマンガが、ここまで長く続いた1番強い理由は、その気持ちだけをずっと子どもたちに感じさせ続けたことが大きいんじゃないかと思います。

この頃のドロンパは、目がうつろじゃないです(笑)