さあ、ラストに向かって

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1

「ハリー・ポッターと死の秘宝」の映画を見てきました。PART1です。PART2で、完結するのかな?
まあでも、2部に分けても収まり切れていない感じが……。
これ、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」あたりから2部に分けて作るべきだったんではないかと思ったりもします。

で、感想書こうと、前の映画の感想なんかをつらつらと読み返していたのですが、割と、前の映画と同じ感想ですねぇ。

勢いがあって、面白いです。今回も、よくぞここまでまとめたなぁという感じ。
でも、バッサリ切られていて、勢いだけでは説明しきれない部分も多いです。

なによりも、ダンブルドアですら、完璧ではないという原作の深みは、なくなってしまっています。
ダーズリー家にいる意味も、ないよなぁ。あれは、すごいどんでん返しなのに。

やっぱり、映画見ながら、これ、原作が全部で揃った後に、1作目から映画を撮り始めたら、また全体として違った作りの映画になっただろうなぁという残念な感じがあります。

原作読んでないねぇさんは、

「えー、ここで終わるのー!!」

と叫んでおりましたが、確かに、「PART1」の終わりとしたら、ここしかないよねぇというところで終わります。
そして、それを叫ばせるということは、

「続きを見せろ!」

という思いが強い。続きが見たくなっちゃう映画であるのは確かです。

次回、完結。
どこまで、伏線を回収できるのか、ちょっと心配もしています。すでに、回収不能な伏線も、チラホラ。