真・最終回

吼えろペン

まぁ、あのグダグダな終わり方より、こっちの方がいいか?
でも、あのグダグダも、今となっては悪くなかったかなぁ。
当時は、なんじゃという感じでしたけどね。

その理由が、よくわかる一冊で、おもしろい。

でも、お話の滑り出しが同じなのは、少し笑いました。

最終巻、最終話だけ入れ替えたものを出してもおもしろいかもね。
その時は、カバー絵ぐらいは変えてもいいけど、あくまで「新吼えろペン11」として出して欲しいですね。「真・11」とか、「11・裏」とかではなくて。

すべての情報はオビに入れて、あくまでしらない人には、こっちが本物というスタンスでどうだ?