素敵な個性派俳優たち

キマイラ青龍変

キマイラ読むの何年ぶりだ?
前の巻を読んだのは、学生時代だったのではないか?1
でも、時間に関係なく、やっぱり、おもしろいのです。

しかし、青龍変は、龍王院 弘の今と昔の話だと思っていました。闇狩り師の「崑崙の王」をキマイラの登場人物サイドから見た話と、回想話になるのだと。
でも、全編、過去のお話でした。

そして、主人公は、龍王院 弘というよりも、宇名月 典善のお話でした。

夢枕 獏のキャラクターって、ある程度パターンが決まっていて、同じ俳優さんが演じているみたいなところがあるじゃないですか。

オルオラネは、多分、真壁 雲斎と同じ顔をしているし、宇名月 典善は、きっと、芦屋 道満と同じ顔をしていると思うんです。

それが、マイナスではなくて、プラスになっているなぁと感じます。

まだまだ因縁が残っていて、楽しいのです。
本編、どんどん出ないかなぁ。

  1. 「キマイラ昇月変」が2002年発行なので、嘘でした(笑) []