地平線の終わりには

トリトン1 手塚治虫文庫全集

これも、テレビ版しか見たこと無かったと思います。

割と、基本的な設定は、ふまえながらも、しかし、ストーリー自体は、テレビ版は、富野監督暴走状態でした。
むかしは、その富野監督暴走も好きだったのですが、大人になってから考えてよく見てみるに、もしかすると、こっちのマンが版の方が、ストーリーとしてはおもしろいかも。

というか、やっぱり、まったく別物だということがわかりました。