砂の様に手をすり抜けていく

蜘蛛の紋様4 パーム33

この巻は、カーターの話は全くナシでした。幽閉時代のジェームズのお話オンリーです。信頼できそうな人々、自分の愛した人々が、次々と目の前で倒れていく。自分の所為だと自分を攻めつづけたに違いない。
それは、カーターの人生と同じで、だから、彼らは理解し合ったのかなぁ。そんな単純なものでもないのだけれど。

しかし、ここまで壮絶なジェームズの話があったとは、思ってなかったのです。