最初と最後、間ナシ

火閻魔人

なつかしー。
という感じの「火閻魔人」です。
膳所駅前の書店で、立ち読みしていた記憶があるので、中学生ぐらいだったのではないでしょうか?

奥瀬 サキのマンガ、好きなんですよねぇ。あんまり、かかない人で、未完のものが多いけれど。

ということで、今回の「火閻魔人」も、過去に出た「火閻魔人」と「支配者の黄昏」を合本したものです。よって、完結していません(笑)

伯爵どうなったんだとか、傍箕家と津那美になにがあったんだとか、そういうことは一切、ナシ。まぁ、「自動人形」みたいに、あったこと自体もなしにされちゃったエピソードは無いんだけれど。

オマケ的に、短編が入っています。これは、1番過去のエピソードと1番未来のエピソードという感じ。まぁ、まん中が全部抜けているこの本にふさわしいかなぁ。

と、あんまりいい事書いてないですけど、これ、今読んでも、充分に面白いのは保証します。
特に「支配者の黄昏」は、絵も話も、最高です。
続きというか、ミッシングリンクをつなぐようなお話がかかれたら、わたしは、きっと追いかけちゃうと思います。

……でも、多分、作者のなかでは、終わっちゃってる話なんだろうなぁ…。