不思議のない分

龍陽君始末記2

前巻の感想で、「八卦の空」から、不思議を抜いた感じという感想を書いた本作ですが、不思議がない分、わたし的には、ちょっとノリきれない感じです。

水準以上だとは、思うのですが。

えーと、ライト・ノベルではなないですよ。コレ。
だれに向かって、言っているんだか。