文士と妖怪

くもはち

柳田 國男が出てきたあたりから、「これは好きだ」と思ってしまいました。
このあたりは、大塚 英志に、くすぐられまくりですねぇ。

明治の文士と妖怪のお話です。

1巻とかかれていないということは、これで完結なんでしょうか?
けっこう、続きが読みたいです。