2010年01月一覧

少女のまなざし

大島弓子が選んだ大島弓子選集5

「赤すいか黄すいか」は、確か、「綿の国星」のコミックスに載っていて、それではじめて読んだんです。
その当時は、まったく、さっぱり、意味がわからなかったです。

まぁ、今だって、意味がわかるとはいえないんですけどね。ただ、何が起こって、どうしてそういう状態なのかは、わかるようになってきました。
そして、大島 弓子、なんちゅう話を書くんだと……。

それは、「ダリアの帯」を読んだときにも、思った。

ある意味、少年と少女には、断絶があります。
その断絶ばっかりをかいたような作品がならんでいます。

でも、断絶がありながら、物語的な救いは、お互いに手をさしのべたところにある。
その結論の脈絡のなさと、それでいて、圧倒的な説得力。

多分、それが、大島 弓子のなかの少女の視点なのだと思います。


ラスト10

サイロンの光と影 グイン・サーガ121

あと、この巻をあわせて10冊で、グイン・サーガ完結(未完)です。

物語は、佳境に。
いつも、いつも、佳境なんだけれど……。
でも、確実に「七人の魔道師」の時代に近づいている感じです。

表紙は、誰だ?普通に考えれば、ハゾス?もうちょっと、おっさん、かつ、ごついイメージがあるんですが。


もしもあのとき…

エロス 広瀬正・小説全集3

「エロス」なんて題名ですが、広瀬 正の小説に色っぽさを求めてはいけないのは、もう、学習済み(笑)

現在と、過去、それから、もう1つの過去。
もしあのとき、こちらではなくて、あちらを選択したら……。という、IFものです。

ただし、やっぱり(?)、広瀬 正なので、ものすごく地味です。そして、細かい。でも、それは、今のまでちょっと感じた、無駄な細かさというのではなくて、なかなか、活かされていたと思います。

でも、今まで読んだ「マイナス・ゼロ」、「ツィス」、「エロス」の3冊のなかでは、この本が1番おもしろかったです。

途中で、「もうひつとの過去」の方が、実は……。

というのは、わかってしまったのですが、それでも、最後までしっかりとよませる力があります。

あぁ、こっちの人が、影響していたのか……。

というのは、けっこう、最後、「やられた」という感じでした。


このジャンプは、おもしろい

バクマン。5

いや、読みたいですよね。このジャンプ。
熱い新連載、続々。そして、マンガよりおもしろい(笑)、作者たち。

そして、新妻 エイジ、本当にかっこいいです。