努力、友情、勝利

フープメン2

地味すぎたのかなぁ…。
けっこう、この地味な努力というのは、好きです。

○×とかには、リアルを感じました。

これ、「黒子のバスケ」と同時期に連載されていたんでしょうか?だとしたら、ネタとしては完璧にかぶっています。

「バスケのマンガは、2本もいらない」

とか、言われていそう。

でも、黒子は変化球だけれど、これは思いもよらずストレートだったので、こっちも長く読みたかったなぁ。

やっぱり時代は、「努力、友情、勝利」ではなくて、「才能、友情、勝利」なんだろうか?