おもしろすぎる物語

ガラスの仮面44

ずーーーっと、おもしろすぎる物語というのは、本当に、いったいなんなんだと思います。

そろそろ、紅天女の、そして、「ガラスの仮面」という物語自体のラストの絵が、見えて来だしたような気がします。