2009年05月一覧

気づかないうちに積み重ねられている多くの奇跡

蜘蛛の紋様3 パーム32

ジェームズが、この少年時代を過ごして成長したにもかかわらず、他人への信頼をなくさなかったというのは、本当に奇跡的なことだと思います。

もちろん、物語なのですが、それでも、奇跡的だと思わせるものが、この物語の中にはあるのです。


生きることは、食べること

花と奥たん1

えーと、「最終兵器彼女」みたいな世界で展開する、帰ってこない夫を待つ奥たんのお話……。

「最終兵器彼女」みたいな世界……というのは、正確ではないか。あの世界は、戦争があって……ですが、このお話では、謎の植物の大発生(?)のために、東京が壊滅状態みたいになっている様です。

もうすぐ、世界の終わりが来る……。

そんな雰囲気のなか、奥たんフィルターで見る世界というところが、ちせフィルターでみる世界だった「最終兵器彼女」と似ていると感じたのかも。

今回の作品の大きなテーマの1つは、「食事」みたいです。
わたしみたいに、雑食の人間にはわからない、こだわりとうんちくが、ぎっしりとはいっています。

無邪気さと、お米を食べるときとかのエッチさと、生きていく必死さ。
本当に、高橋 しんは、計算し尽くしてかいています。それは、ほめ言葉には聞こえないかもしれないけれど、今のこの特別にカラーで単行本をだしてもらえる地位とか、いろいろなものを、実力で勝ち取ってきた人なのだと思います。

次は、「きみのカケラ」が読みたいなぁ。


正体

甘い生活32

覆面の人たちの正体って……。

けっこう、この世界の秘書は、暇なのか?
そういえば、あんまり仕事しているところ見たことないな。


気持ちの行方

エンジェル・ハート12

うーん、ドナーの家族とあってどうするというのか……というところが、自分的には理解できないのですが、そこを否定すると、物語自体がなりたたなくなってしまいますね。

しかも、感情までドナーの気持ちにひっぱられているのだとしたら……。

こういうところが、わたしはドライなのだと思います。


小休止

4コマ ちびまる子ちゃん 4

4巻は、小休止っていう感じかも。
まあ、1巻のレベルにもどる。

そんなに、いい話を連発してもいられないか?