生きているということ

ヴァムピール3

伶と笛吹も、けっこう見分けついていないのですが、さらに、黒伶とは……。

若干、黒伶の記憶関係に、設定ミスがあるような気がしないでもないですが、おもしろいです。

題名見たときから思っていましたが、やっぱり、谷川 俊太郎でしたか。あれは、昔、子どもたちの群読を聞いて、ゾクゾクっとしたことがあります。