ロマンシア

HELLSING10

ラストまで、ハイテンション。
そして、きれいに畳んだ感じですねぇ。

たった10巻だというのが、けっこう信じられないぐらいの密度でした。まあ、密度が濃いというのは、狭いところに圧縮されているからなんですが。

最後は、ブラム・ストーカーの「ドラキュラ」にもっどっていくあたり、すごいしっかりした着地だったなぁと思います。