2009年04月一覧

変なエヴァ

碇シンジ育成計画3 新世紀エヴァンゲリオン

シンジくんは、ドンドンすけべに育っていき、ゲンドウさんは、不審者としてデビューです。
なんじゃこりゃ。

まあ、これはこれで、おもしろいか。


世界じゃそれを愛と呼ぶんだぜ?

ひでおと素子の愛の交換日記

めっちやくちゃ、懐かしいな……。
昔兄が、このシリーズを全部文庫でもっていました。
わたしは、吾妻 ひでおのパートを拾い読みしたぐらい。

今読んでみると……時代を感じるところもあけど、けっこうおもしろいな。

続き、出ないのかな……多分、出ないな。

吾妻 ひでお,新井 素子
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2008-08-25
 


お岩の恋

嗤う伊右衛門

お岩さんの四谷怪談です。
子どもの頃は、お岩さんのことを呼び捨てにしたら呪われるとよく言われてしました。

でも、京極 夏彦ですから、ドロドロドロとオバケが出てくるわけではなくて、なんか、すれ違い恋愛小説みたいになっています。
この「不思議などないのだよ」的なところとか、扱っている人間の感情の面とかで、ちょっと好みはわかれるところだと思うのですが、わたしは、けっこう気に入っています。

京極 夏彦は3冊目なのですが、この人の本って、計算されて書かれているんだけれども、伊坂 幸太郎みたいにものすごく巧い感じはしません。源泉は、もっとドロドロしたものなんだろうなぁと思います。
だから、今まで読んだ2冊は京極堂シリーズで、今回のはまた別のシリーズ(らしい)なんだけれど、しかも、時代背景も全く違うだけれども、読んだときに同じような印象を受けます。

でも、印象は似たような感じなのですが、

「どうなるの??」

と先が気になって、サクサク読めます。


憂い顔の悪魔

悪魔の花嫁1

「クリスタル・ドラゴン」は、凄いと思って読み続けてきましたが、こっちの「悪魔の花嫁」(「悪魔」とかいて「デイモス」と読みます)の方は、2、3巻読んで、

「全部、同じパターンじゃねぇか……」

と、あきれて読むのをやめた記憶があります。

今読んでみると、それほど同じパターンというわけでもないですねぇ。というか、文庫の編集の仕方がそうなのかも。
なんか、もっと、同じパターンのもどかしい話ばっかり続いていた記憶が、あるのですが……思ってたより、おもしろかったです。

 


使徒の事情

学園堕天録3 新世紀エヴァンゲリオン

元のエヴァの使徒は、なんか人間には理解できないわけのわからない存在でしたが、こっちの使徒たちの方は、いろいろそれぞれに、事情があるような感じです。

まあ、使徒も人間も、お互いに精神を浸食しあってるみたいです。

眠民,GAINAX・カラー
角川書店,角川グループパブリッシング
発売日:2009-03-26