オレたちの栄光は…

たいようのマキバオー7

先代のマキバオーは、けっこう急激に強くなりすぎて、もはや競馬じゃないのレースを走らされたりしていました。
そのことを考えると、これぐらいのペースで、強くなっていく方が、物語的にもいいのかも。

根性の馬。
つまり、究極の負けず嫌い?
しかし、それって、ワガママという気もします。