夢枕獏,読書ハヤカワ文庫,夢枕 獏,早川書房,風太郎の絵

風太郎の絵

多分、全部、1度は読んでいるんじゃないかと思います。

怖い話になりそうなんだけれども、ギリギリのところで、いい話でおわっている物語がほとんどです。
これぐらいのバランスが、好きなんだけどなぁ。

といいつつ、「自分ぼっこ」は、読んだ当時は、けっこう怖かった思い出があります。

滝沢馬琴,碧也ぴんく,読書ホーム社,ホーム社漫画文庫,八犬伝,源氏物語,滝沢 馬琴,碧也 ぴんく,集英社

八犬伝4

このあたりが、1番、作者も書いているが楽しそうなところですね。
意味もなく、女装してみたりして(笑)

後半は、苦しくなっていくからなぁ……。

毛野さんを軍師に設定するあたりが、でも、馬琴の人を見る目の弱さがあると思ってしまう。
そういう意味では、やっぱり、「源氏物語」っていうのは、すごい。

美内すずえ,読書ガラスの仮面,白泉社,美内 すずえ,花とゆめコミックス

ガラスの仮面43

買っちゃいました(笑)
わたしは、本当は、文庫版の方を集めているので、コミックの方はできたら遠慮したのだけれども……。
待てない……。

しかし、前巻から5年。ちょっと、待たせすぎやろう。でも、以前は、もっと待たせてたか?
そして、まっている人が、確実にいるという凄さ。

そして、おもしろい。
そろそろ山場ですねぇ。

手塚治虫,読書子ども,手塚 治虫,手塚治虫恐怖短編集,講談社,講談社漫画文庫

手塚治虫恐怖短編集1 妄想の恐怖編

一定レベルのおもしろさはあるけれど、一定以上を越えていくのは少ないですよねぇ。古典ということか。

「ガラスの脳」とかは、けっこう好きですが、「ボンバ!」のオチとかは、どうかと思ってしまう。大人向けにもしきれていないし、子どもが読んでおもしろいと思わんだろう……。
そういう時代だったのかなぁ。時代の限界というのは、やっぱりあるのだと思います。

吾妻ひでお,読書うつうつひでお日記,うつうつひでお日記 DX

うつうつひでお日記 DX

そして、吾妻 ひでおの名前は、再び闇の中に消えようとしている???

ということで、文庫版「うつうつひでお日記」です。
以前、読んだのは2年半ほど前ですね。

あらためて読んでみて、傑作でした。

この人の全集、でないかなぁ。出たら、買うよ。

吾妻 ひでお
角川グループパブリッシング
発売日:2008-08-23