はじめに悩みありき

うすべにの嵐/エスケープ 矢沢あい初期作品集3

巻末のインタビューが、いいですね。
はじめに「悩みありき」というのは、今の「NANA-ナナ-」でもかわっていないと思います。
それに、キャラクターの魅力がプラスされた感じです。

しかし、物語の中心になる悩みから、キャラクターの性格づけをしていくとは、なかなかに論理的思考の持ち主だ。