独裁者は、忙しい

アルカサル-王城-2

なぜか、全2巻だと思って読んでいて、

「めっちゃ途中で終わっているなぁ~」

と思っていたら、コミックで13巻も出ていたのですね。ということは、文庫では6巻ぐらい。

青池 保子も、なんか、いろんなものを超越してちゃって自分の好きな世界を作っている感じがします。おもい物語でも、すーっと、軽快に語ることが出来るのは、すごいです。