人生に大切なことはすべて本屋のマンガの棚で学んだ

T・Pぼん スペシャル版 1

ちょっと、ヤング向けの藤子・F・不二雄です。
まだ、藤子 不二雄だった子どもの頃、ドラえもんよりもちょっとアダルトなお話として、すごくあこがれの気持ちをもって楽しんでいました。

今読むと、ドラえもんの1エピソードといっても、そんなに違和感はないんですけどね。
子どもの頃は、主人公が小学生ではないという違いはけっこう大きかったのだと思います。タイムマシンも、スタイリッシュだしね。

まあ、こういう評価も、実は、兄貴の影響があるのではないかと思ったりもしているのですが……。

でも、やっぱりこの「T・Pぼん」は、おもしろいです。まあ、この歴史改変は大丈夫かというツッコミどころはけっこうあるのですが。

この時代、いろんなことをマンガから学んでいるよなぁとあらためて思いました。