まるごとのキミ

eensy-weensyモンスター2

完結です。

テーマは、紫堂 恭子の物語と同じ感じです。自分自身の暗黒面といかに向き合うか。それを否定するのではなく。
なのですが、これを現代劇でここまでストレートにできるというのが、驚きでした。

でも、本当に、自分すら受け止められないまるごとを自分を受け止めてくれる相手がいたら、それは理想の相手だと思います。

さて、津田 雅美が、次にどんな作品をかくのか、楽しみです。