BORN TO SING

僕の唄は君の歌2

なんか、ちょっと読んでみると、第2部とかいって別の話が始まっていたので、このままグダグダになって終わってしまうのかと心配していた「僕の唄は君の歌」です。

でもまあ、それなりに納得のいく終わり方だったので、ちょっと、ホッとしました。

柴門 ふみのマンガは、時代とともに古くなってしまう種類のマンガなんだなぁと改めて感じました。それは、けっして悪いことではないのだけれど。でも、その時代の空気を知らないと理解できないところが多い。

それは、テーマ選択の部分ではなくて、もっと本質的なところで、時代とともに生きているということかもしれません。