悪いハリー・ポッター

ダレン・シャン1

知り合いにものすごく本好きな小学生の子がいて、ハリー・ポッターとかも、話題になる少し前ぐらいに、その子から教えてもらいました。

で、ハリー・ポッターの1作目が映画になったあたりのころ、

「ハリー・ポッター、大人気やなぁ。最近、面白い本は?」

と聞いたら、

「ダレン・シャン。ハリーより面白い」

と答えてくれました。

「どんな内容?」

「悪いハリー・ポッター」

と一言。
あんまり、話すのが得意な子ではなかった。

「へー、また読んでみるわ」

その「悪いハリー・ポッター」という言葉は、ものすごく印象に残っていました。
そして、わたしは、彼の見立てをけっこう信用しています。
ということで、あれから5年以上たってしまいましたが、約束通りダレン・シャンを読んでいます。

読んだ感想は、えーと、

「悪いハリー・ポッター(爆)」

です。

あぁ、彼は正しかったと。

最初は学園物なのですが、優等生がいない感じです。いかにもワル餓鬼という感じの子どもたちが主人公です。
このあたりの子どもの書き方は、あんまり夢がない感じです。

吸血鬼物で、1巻目はまだプロローグという感じです。だから、ものすごくはまる感じはない。
でも、題材的にひかれている部分はあります。

突然、誰かが自分のことを「特別」といってくれて、退屈な世界から連れ出してくれる。
どこか、そんな感じもする物語です。

最近は、わたしは1巻目でおもしろさをつかめなくなってきているみたいですので、これからにちょっと期待しておこう。

ダレン・シャン,Darren Shan,
橋本 恵
小学館
発売日:2006-07-15