生まれた時から背負わされたもの

たいようのマキバオー1

あの名作「マキバオー」の続編です。
あれから10年。知っている馬たちは、もういない。

でも、あのマキバオーの再来のようなヒノデマキバオー文太が走ります。

文太は、でも、生まれながらにいろんなものを背負って走らなければならない。そういう物語です。